❚ 新型コロナウィルス感染症対策について

いつもご参加いただき誠にありがとうございます。

ご参加・ご来場される皆様とスタッフの安全のために、ウォークライドでは新型コロナウイルス感染症予防の取り組みを行っております。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

● ご参加・ご来場される皆様へのお願い
  • 会場に入場いただけるのは、参加者と付添人(参加者1名に対して付添い1名)のみとなっております。 それ以外の方の入場はできませんので、ご了承ください。
    ※お申込時に付添人の登録をお願いいたします。後から登録される場合は、お申込期間内にエントリーサイトへのご連絡をお願いいたします。お申込期限が過ぎての登録はできませんので、ご了承ください。

 

  • 会場に入場される方全員に「健康状態申告書」の提出をお願いしております。
    下記PDFをダウンロードして紙に印刷し、必要事項を記入のうえ、大会当日に会場入口のスタッフに提出してください。尚、申告書の記載に同意できない方の入場はお断りさせて頂きます。
    ※.「健康状態申告書」の提出は、参加者・付添人の会場に入場する方全員が対象となります。

※.画像をクリックするとPDFが表示されます。

 

  • 来場中、来場前後においても変わらず、咳エチケットやマスクの着用、こまめな手洗いなどの感染症対策をお願いします。
  • また、レース時以外ではマスクの着用をしていただくようお願いいたします。

 

  • 他の方との距離(できるだけ2m以上)を確保してください(障がい者の誘導や介助を行う場合を除く)。
  • 受付などの列に並ぶ際は、距離をおいて並んでください。

 

  • 大声での声援や会話は出来るだけ控えください。

 

  • 競技中のマスクの着用は、激しい運動により呼吸が確保できなくなる恐れと、熱中症予防の観点から義務付けはしませんが、手鼻をかむ行為や、くしゃみ咳などについて配慮をお願いします。

 

  • イベント会場入口にて非接触体温計にて検温を実施いたします。37.5℃以上の方は入場をお断りさせていただきますので、ご了承ください。

 

  • イベント前後における公共交通機関、飲食店等の密を避けるため、分散利用にご協力ください。

 

 

 

● 以下の方はご来場をお取りやめください


 

  • 大会当日、ご自宅で必ず検温を行い、平熱を超える発熱がある場合は、来場及び参加をお取りやめください。

 

  • 大会前2週間以内に次のa.~h.の事項に該当する方は、来場及び参加をお取りやめください。

 

  1. 平熱を超える発熱
  2. 咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状
  3. だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)
  4. 嗅覚や味覚の異常
  5. 体が重く感じる、疲れやすい等
  6. 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触があった場合
  7. 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
  8. 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合

 

 

● イベント開催における対策

● 新型コロナウィルス感染症を原因とするイベント中止による延期・返金対応について


国、自治体の緊急事態宣言等、新型コロナウィルス感染症を原因として大会を中止せざるを得なくなった場合には、延期または返金にて対応させていただきます。詳細については下記をご確認ください。

■延期について

  • 上記の事由により中止になった場合は、延期にて対応させていただきます。 (振替日については後日発表いたします。)
  • エントリーされた方は、振替日に自動的に振替えとなります。
  • 振替日も中止になった場合は、大会中止となります。その際の参加費につきましては、通常のイベント規約にのっとり参加費のご返金はできませんので、ご了承ください。

■返金について

  • 振替日に参加できない方は、中止発表が大会開催の2週間前であれば、スポーツエントリー使用料・返金手数料を差し引いた参加費を返金致します。希望される方はお問合せフォームよりご連絡ください。
  • 大会開催2週間を切っていた場合は、通常のイベント規約にのっとり参加費のご返金はできませんので、ご了承ください。
  • 振替日も中止になった場合は、大会中止となります。その際の参加費につきましては、通常のイベント規約にのっとりご返金はできませんので、ご了承ください。

 

● 会場における対策について


  • スタッフの体調管理、マスクの着用・手洗い(アルコールによる手指の消毒)うがいを励行します。
    ※.熱中症予防の観点から、人との距離が
    確保できる場合は、適宜(水分補給・休憩の際など)マスクを外すことがございます。
  • カテゴリーごとに受付時間を分散するなど、混雑を避け密になる状況を避けます。