大会競技規則 君津

自転車部門

大会方式
  • 規定時間で何周回走れるかを競う。
スタート
  • スタートは早く来た順にコースに並ぶ。ただし、試走時間等でコースインできないときは、整列させない。
審判判定
  • ゼッケン・センサーチップを正しく装着すること。着用の不備で判定が行えない場合、その責任は選手に帰する。
ゴールの通告および着順判定
  • 規定した時間が経過して以降にフィニッシュラインを通過した時点でゴールとする。
  • 規定時間に走った周回が同一周回の場合、フィニッシュラインをより早く通過したものが上位となる。
  • ゴール10分前よりピットクローズとする。
  • 規定ゴール時刻にフィニッシュラインを通過しない場合、リタイヤ扱いとなり、順位がつかない。
チームの選手交代
  • 選手の交代はピットエリアでのみ行える。
  • 交代は必ず停車して行わなければならない。
  • ピットエリアは徐行すること。
  • ピットエリアの走路は走者のみが走行できる。それ以外は無暗に立ち入らず、走者以外は必ず降車して歩くこと。
車両規定
  • オフロード走行に耐えうるスポーツ車(マウンテンバイク、シクロクロスバイク)
    禁止例:ママチャリ、MTBルック車(悪路走行禁止などの記載があるマウンテンバイクに似せた自転車)、折り畳み機構のある自転車
  • オフロード用のタイヤを装着のこと
  • 突起物や競技に不要なものの装着は禁止する。(ライト、ベル、スタンド、カゴ等)
  • レンタルバイク、レンタルヘルメットはありません。

服装・装備

  • ヘルメット、グローブを着用すること。
  • 首や車体に絡まる恐れのある衣類等の着用を禁止する。
  • コスプレ等については、硬い素材による突起物は禁止する。
表彰
  • ソロ部門 1~3位まで
  • チーム部門 1~3位まで
  • その他

 

ミニトレイルランニング部門

■制限時間およびリタイヤ
2周または3周の部であっても、1周目45分以内、2周目90分以内で走破できない選手は、S/F地点通過時点の周回数と時刻にてゴールとし、その周回距離の部門での競技成績を付与する。
なお、初回大会につき当日の走破状況に応じて、規定制限時間を変動させる場合がある。

体調不良二より競技続行が危険とみられる者や競技時間内を大幅に遅れるとみられる選手は、途中で競技を停止させリタイヤを宣告する場合がある。

■装備
ストック・杖等の使用は禁止する。
飲料・補給食等は選手自身で用意すること。

■禁止行為
ゴミ等の投棄
危険な追い越し行為
指定コース以外の走行
その他、競技成績の公平性を損なう行為