大会方式

アプリ・WEBシステム

この大会は、イノベーションシード社のRIDEFiELDを使用して運営します。
参加者の皆様には、RIDEFiELDアプリをスマホにインストールしていただきます。主催者は、WEBシステムを通じて参加者の位置情報を把握し、安全な運航を見守ります。

また、参加者の皆様はアプリによって、QRコードを読み取ることで、スタート~チェックポイント~ゴールの各チェックが行うことができ、各所の通過がとてもスムースになります。

 

 

 

 

 

 

詳細:RIDEFiELD ページ

スタート

決められたスタート時間帯に、任意にスタート可能です。ただし、まったく同時にスタートできる人数は5名までとします。
スタートは1分間隔で行います。

スタート可能時刻にスタート希望者が多数の場合は、ソーシャルディスタンスを取って整列にご協力ください。

走行

交通ルールを遵守すること。左側を一列で走行し、信号を守るなど道路交通法を守って安全に目的地(ゴール)まで走破してください。

コースには誘導のための看板等はありません。
大会専用アプリにて、コースが表示されます。事前にご確認ください。

ほかの参加者と隊列走行になった場合、グループが5名以上にならないよう、適宜距離を取ってください。交通負荷にならないためにご協力ください。

隊列走行になった場合、接触転倒などに十分気を付けてください。ドラフティング走行は楽に長距離を走ることができますが、普段一緒に走らない者同士でこれを行う場合は、より車間距離に余裕を持たせてください。

チェックポイント

この大会では地元地域の飲食店等の施設にご協力いただき、チェックポイントとしています。

各チェックポイントでは、掲示されたQRコードを大会専用アプリで読み取り、通過チェックを行ってください。

協力施設では、大会から皆様へ配布したチケット1500円分で飲食が可能です。

協力店リストはこちら

 

《 通過チェックは、各エリアで施設をお選びください 》

ロングコースの場合の例

スタートQRコード
チェック

修善寺エリア

飲食店で
QRコードを読む

またはコンビニで
QRコードを読む

月ヶ瀬エリア

飲食店で
QRコードを読む

またはコンビニで
QRコードを読む

土肥エリア

飲食店で
QRコードを読む

またはコンビニで
QRコードを読む

戸田エリア

飲食店で
QRコードを読む

またはコンビニで
QRコードを読む

ゴールQRコード
チェック

リタイヤ

体力・機材的に自走不能になった場合、リタイヤとなります。
原則として機材サポートはありません。パンクなどに自力対処できるようご準備ください。
ゴール制限時刻にゴールできないと判断される場合、リタイヤ・回収となります。

リタイヤ者はスタッフ車両にて回収します。

トラブル

  • パンク・機材トラブルで自走不可能となった場合、アプリまたは電話にてスタッフにご連絡ください(電話番号は当日配布)
  • 一般交通との事故の場合、通常の事故扱いとなります。警察や必要に応じて救急車をお呼びください。その後、スタッフにご連絡ください。特に、救急車を必要とする場合、スタッフを挟むことで遅れる場合がありますので率先した行動にご協力ください。
  • 事故・落車を発見した場合は、参加者同士の声掛けや緊急事態の対処にご協力ください。
  • その他、緊急の場合はスタッフにご連絡ください。

 

ゴール

ゴールされましたら、ゴールチェック用QRコードを大会専用アプリで読み取ってください。チェックされない場合、完走となりませんのでご注意ください。