大会規則

dot_blueエントリー

 申込は大会指定のエントリーサービスサイトのみで行います。メール・電話等では受け付けられません。申込みした者は、誓約事項、返金ポリシーに同意したものとみなします。エントリー時には必ず確認してください。

dot_blue出走受付

 大会前日、ゼッケン・センサーチップの配布を行います。
 代理による受付が可能です。 当日受付は一切行いません。

 

dot_blue未出走の場合

 エントリー後、未出走の場合はご連絡ください。
 前日受付後に未出走を決められた場合は、センサーチップを小田原競輪場正門前(7~9時まで)にて返却対応スタッフにお渡しください。
 チップの紛失は実費を請求いたします。
 出走・未出走にかかわらず、必ずご返却ください。

 

dot_blue車両規定

部 門 規定内容
1. 全部門共通
  • 前後輪に制動器を備えたフリー式の自転車であること。
  • スタンド等の突起物や脱落するおそれのある付属品はレースに際しては取り外すこと。
    (サドルバック、ライト、ベル、サドル下のお守りなど)
  • ディスクブレーキの使用は認める。
  • DHバーなど、補助ハンドルは禁止とする。(昨年問い合わせ多数のバーエンドバーについても禁止とする)
  • ブルホーンハンドルは禁止する。
  • バトンホイール・ディスクホイールは禁止する。 ホイール径はメーカー表記26インチ以上とする。
  • 改造によって、違う車種の自転車を各部門規定の車種に適応する行為は認めない。
    例)シティサイクル(ママチャリ)にドロップハンドルを付ける。かご・泥除けを外してフラットバーのスポーツバイクに似せるなど。
2. ロードレーサー部門
  • ドロップハンドルを有したロードレーサーであること。
3. フラットバー部門
  • 一本の棒状で構成されたハンドルを有するスポーツバイクであること。
  • ハンドルの最低幅は46センチとする。
  • ブルホーンハンドル、エクステンションバー(バーエンドバー)は禁止とする。
  • シティサイクル(ママチャリ)は禁止する。
4.シングルフリー部門
  • ドロップハンドル、またはフラットバーによって構成されたスポーツバイクであり、かつギヤがシングルフリーであること。
  • 固定ギヤは禁止する。
  • シティサイクル(ママチャリ)はこのクラスにあたらないので禁止する。
5.ファットバイク部門
  • ドロップハンドル、またはフラットバーによって構成されたファットバイクであること。
  • タイヤの太さが4.0インチ以上であること。

 

dot_blue募集クラス

男性クラス 対象
チャンピオンクラス 全クラスの頂点を目指す選手
高校生チャンピオンクラス 高校生の頂点を競う
中学生チャンピオンクラス 中学生の頂点を競う
男子19~29歳クラス 年代別で順位を競うクラス
男子30~39歳クラス 年代別で順位を競うクラス
男子40~49歳クラス 年代別で順位を競うクラス
男子50~59歳クラス 年代別で順位を競うクラス
男子60歳以上クラス 年代別で順位を競うクラス
80㎏超級クラス ヒルクライム苦手上等!体重80㎏以上のパワフルクラス
男子フラットバークラス クロスバイク・MTB等スポーツバイククラス
男子シングルフリークラス シングルフリー車で競うクラス
男子ファットバイククラス ファットバイクで競うクラス

 

女性クラス 対象
女子チャンピオンクラス 女子クラスの頂点を目指す選手
市民女子クラス 年齢の壁をなくした愛好者クラス
女子フラットバークラス クロスバイク・MTB等スポーツバイククラス
女子シングルフリークラス シングルフリー車で競うクラス
女子ファットバイククラス ファットバイクで競うクラス

 

dot_blue服装

 JCF認可のヘルメットを着用しなければならない。(アゴひもは肌に沿うくらいに緩みなく着用すること)※海外参加者の場合は、スポーツサイクル用ヘルメットであること。(タイムトライアル用ヘルメット・フルフェイスタイプのヘルメットは除きます)
 グローブ、ソックスを着用しなければならない。
 サイクルウェア(レーサージャージ)を推奨する。
 サイクルウェア以外の衣類は、自転車や体に絡まる恐れのあるものは着用を禁止する。ズボンのすそは、ばたつかず肌にフィットするものに限定する。
 下山を含めた走行に支障のある衣服の出走は認めないので厳に注意すること。
 ウィンドブレーカー等でゼッケンが隠れないようにすること。
 ゼッケンの視認性の確保は選手の責任で行うこと。
 これの不備のより着順判定ができない場合、選手の責任とする。

 

dot_blue競 技

 スタートの整列順序は、早いもの順とする。
 マスドスタートによるロードレースにて着順を争う。(グロスタイム

 

dot_blue補 給

 競技中、コース外からの飲食料の補給はすべてのクラスにおいて禁止する。(公認の給水所が設定された場合は、随時案内する)
 飲食料の容器、ゴミなどを投棄してはならない。

 

dot_blue着順

  ゼッケンの視認性は、服装の項目に記載のとおり、選手の責任において確保する。
 センサーチップを併用して着順判定する。
 センサーチップの着用忘れ等はゴールを認めない場合がある。

 

dot_blue表彰

 入賞対象は、チャンピオンクラス6位まで、そのほかのクラスは3位までとする。ただし、フラットバークラス、シングルフリークラス、ファットバイククラスは1位のみとする。
 表彰式に不在の場合、原則として賞品等の郵送は行わない。
 80kg超級クラスは表彰式において体重測定を行い、体重が80kg未満だった場合、失格とする。

 

dot_blue注意事項

<大会前の連絡について>

 この大会では、郵便物で参加確認証などの案内を送付しません。
 メールでご案内をお送りしますので、walkride.jpドメインのメールアドレスが受信できるよう、迷惑メールなどの設定にご注意ください。

<会場及び周辺について>

 会場周辺での移動・ウォーミングアップについては交通法規を守り、安全を徹底してください。
 多数の参加者が列をなして車道を移動する場合、一般の車や歩行者の通行を妨げないよう配慮してください。

 

 

 

<頂上へ輸送する荷物について>

 大きさはリュックサック一個程度。容量20L程度を目安とし、1人1個とする。
 下山用のホイールは預からない。
 荷物にゼッケンやセンサーチップを間違えて預けないこと。
 いったん積み込んだ荷物は、預け場所では探し出すのが困難であり輸送開始時刻に遅れがでるため、頂上まで返却できません。十分にご注意ください。
 貴重品は預かりません。
 不要な旅行荷物は、旅館やコインロッカー等に預けてください。

 

 

<スタート会場の入場について>

 自分がスタートするパートの時間帯まで、スタート会場には入場できません。
 前半パート、後半パート、それぞれ分散してご来場ください。

Japanese / English
ページトップへ