噴火警戒に対する開催の判断について

報道のとおり、箱根・大涌谷の噴火警戒レベル2となっております。

気象庁ホームページによりますと、レベル2とは、
対象範囲が「火口から少し離れた所までの火口周辺」になります。
(引用元:http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/volinfo.html#vol_warning_area

 

箱根町の発表は下記の通りとなっております。
噴火警戒レベルマップ(http://www.town.hakone.kanagawa.jp/hakone_j/content/000031053.pdf

箱根ヒルクライム大会は、コースやゴール地点が規制エリアから約7km離れていることもあり、中止を判断するレベルではないと考えております。
今後の事態の推移を見守りつつ、大会開催の準備を進めてまいります。

火山警報に対するお知らせ用地図

ページトップへ