大磯クリテリウム特別種目エリミネーションレース大会特別規則について

大磯クリテ会場むけに、実際のトラックレースと異なる部分を含む大会特別規則を以下のように設けます。

・ローリングは2周回とする。集団の隊列が整った時点でリアルスタートする。隊列が整わない場合、ローリングを継続する。
・リアルスタートののち、毎周回フィニッシュライン通過時に、後輪後端が最も通過が遅い選手を最後尾選手として判定し、除外していく。
・除外選手は小田原コーナーで通告するので、速やかに集団から離れてバックストレート関門よりコースアウトすること。
・最後尾選手が判定できなかった場合、その周回はドローとして、除外は行わない。
・最後の2名となるまで周回を重ね、最後の2名による最終周回で勝敗を決する。
・最終のゴールは前輪前端が先着したものを先着とみなす。
・周回中、先行選手が1周回差をつけて集団に追いついた場合でも、集団に対する優位性はないものとする。

単純に表現すると、集団の最後尾の選手が、毎周回一人ずつリタイヤされていき、最後の二人がゴール勝負をするという種目です。

大会特別種目は今後修正する可能性があります。

 

エリミネーションレース 開催時刻につきましてはタイムスケジュールを掲載しましたのでご確認ください(2月20日追記)

参加可能対象クラスをエリート・エキスパートのみに変更いたしました。初の試みですので参加者技量をそろえて行うこととしました。ご了承ください。(2月20日追記)