検車について

大磯クリテリウムでは検車召集テントにおいて、自転車と選手の装備品のチェックを行っております。

自転車が整備不良な状態でレースに参加することは、自分だけでなく周囲の危険につながる可能性がありますので、メンテナンスの知識がない場合はプロショップにて事前に整備を受けてください。

 

車体のチェック
・ハンドル周りのゆるみ
・ヘッドのガタ
・ホイールのガタ
・クイック締付け確認
・ブレーキ引きしろ、制動力の確認
・タイヤの極端な摩耗はないか。
・車種間違いはないか。
・違反ホイールが装着されていないか。

余計なものは付いていないか?
付けたまま走れないもの
・サドルバッグ
・ライト(テールライト)台座も含めて外す。
・カメラ
・DHバー(エクステンションバー)
・ベル
・スタンド
・その他レース中に外れそうなもの。

 

ページトップへ